• 200系施工例
  • 100系施工例
  • E26系施工例
  • E25系施工例
  • E24系施工例
  • その他施工例

2.0ガソリン車用 スポーツエアクリーナー

Before   After
before after

車両情報

年式  Ⅱ型(H21)
ボディサイズ/グレード   ナロー / S-GL バン
 エンジン/ミッション  2.0 ガソリン / 2WD.AT
 カラーNo.  1E7  シルバーマイカメタリック
 ローダウン/タイヤサイズ 1.5インチ  /  225/45/19
走行距離 69,000km
 その他 仕事車(電気工事)  H23/9
  • before
  • before
  • before

ワンオフでマフラーを装着して排気効率向上を計り,ならば吸気も良くして更なるレスポンスアップを目指そうと【スポーツエアクリーナー】の装着となりました。左画像がキットで、クリーナーのカバーはカーボン柄とメッキの2タイプ。吸い込み口は純正の数倍あり,吸気量が多くなります。ダクトは変形や錆びたりしないようアルミ製でエンジンに近く雨の影響を極力受けない位置に設置し,エアーフローメーターマウントもアルミで製作した逸品です。

  • before
  • before
  • before

装着位置は運転席下のフェンダー内にあるダクト(左画像)とエンジンルームのダクト(中画像)の繋ぎ目に取付ます。なのでフェンダー内のダクトを外します(右画像)。

  • before
  • before
  • before

次にエアーフローメーター移設の為にバンパーを外します。メーターは左画像の左下にある純正エアークリーナーケース上部に有ります。中画像の中央に小さなプラスビスで固定してあるのがそれで、クリーナーケースを車体から外して取り出します。ケースは不要になるので,軽量化の為に外したままでも良いですし元に戻しても問題ありません。ただし,戻す前にエアーフローメーター用のハーネスを延長しなければならないので,結線してから戻したほうが作業が楽です。延長線は5色用意してあると誤配線を回避できます(右画像)。

  • before
  • before
  • before

アンダーカバーを外し左画像の様にダクトにエアーフローメーターを取付てクリーナーを仮固定し、延長配線の長さを決めます。アルミダクトから出ているステイの固定位置はエンジン側の純正ダクトにつなげると,右側のフレームにあるナット穴にくることが確認できます。カプラーと結線完了後,コルゲートチューブ等で配線を保護しダクトを固定してメーターとカプラーをつなげ完了です。
吸気口は純正の2倍以上でエンジンに近い為ロスも少なめ。吸気音も発生してなんだかその気にさせてくれます。注意点としてアクセルを踏み過ぎると燃費に影響しますから,普段より緩めでも良いかと思います。それと,雨などの影響をなるべく受けないような位置にクリーナーを移設しましたが、水溜り等には気をつけて下さい。

  • before
  • before

取り付けパーツリスト

パーツ名商品ページ/備考金額
2.0G スポーツエアクリーナーキット http://www.plot-net.com/item/toyota/hiace200/muffler/1038.html ¥29,400
取り付け 取付時間   約2:30 ¥12,600

*価格は装着時の表示です。価格・仕様等は予告無く変更される場合が御座います。取付時間及び工賃は車両の状態・内容等により変動しますので,目安にして下さい。