• 200系施工例
  • 100系施工例
  • E26系施工例
  • E25系施工例
  • E24系施工例
  • その他施工例

ランチョ→DFショックアブソーバー・ブレーキパッド(1.5インチダウン車)

Before   After
before after

車両情報

年式   Ⅰ型 (H17)
ボディサイズ/ グレード  ナロー ロング  / S-GL バン
 エンジン/ミッション  2.0  ガソリン / 2WD・AT
カラーNo.   1E7 シルバーマイカメタリック
ローダウン/タイヤサイズ  1.5インチ /   215/60/17
走行距離  116000km
その他  仕事車(空調関係) Ⅲ型フェイス スワップ H23/7
  • before
  • before
  • before

ローダウン時に皆さんはどこまで足回りを強化していますか?
ダウン量や走行距離・乗り心地・考え方・フトコロ具合等で様々ですよね。今回のユーザーさんは1.5インチの
ダウン量で、RANCHOのショックアブソーバーに交換済でした。交換時期は不明ですが、足回りの“ヘタリ”を感じDFショックアブソーバーへのコンバートとなりました。同時に交換のタイミングであるブレーキパッドの点検と、
積載時に起きるリア側突き上げの原因を確認しました。
リア側の突き上げで疑ったのはリアバンプストップラバーの未交換。リフトであげてみると交換済でした。

このタイプのバンプラバーはホーシングに当たる面がフラットであるはずなのに、少し湾曲しています(中画像)。
当たる程度であれば変形する事もないような… 積載時の突き上げという事なんで、一時的にバンプラバーが
着地状態になっていたのかもしれません。それとこのバンプラバーはどちらかというと硬めなので、
ヒットすると“ガツン”とくる感じが大きいようです。ヘビーな積載が無く,乗用車的に車をドライブし,
低めのローダウンでなければ十分なバンプラバーなのですが、ひとまずPLOT製に交換となりました。

ブレーキパッドはタイヤを外しキャリパーの点検口から覗いて確認します。他ページ【SSS-12 ブラッククローム ホイール(2インチダウン車)】を参考にして下さい。残量が少なかったのでこちらも交換です。

  • before
  • before
  • before

キャリパーを上右画像の状態にしてパッドを外します。
交換品は緑のエコタイプです。外した純正品と比べると、中央部の溝が無く薄っすらとクラック(ひび)が
入っていました(左画像)。厚みもかなり無いのが確認できます(中画像)。
この程度で後どれ位使用可能かわかりませんが、これ以上使うと、パッドに付いているセンサー(中画像 上の純正
パッド左側にある金具)がブレーキローターを擦り始め、不快な音が出て警告されますから、早めの交換が
ベストですね。“走れない”より“止まれない”ほうが危険です。
カラフルなパッドなのにキャリパーを装着すると ほぼわかりません…残念

余談ですが、多走行車の場合、ブレーキローターもチェックしておくと良いでしょう。
パッドよりも硬いとはいえ、摩耗していたり 経年劣化で僅かに歪んでいたりする事もありえます。

  • before
  • before
  • before

“ヘタリ”の原因と思われるショックアブソーバーの交換です。
ショックアブソーバーは消耗品です、御存知でしたか?詳しくは【DF ショックアブソーバー 4WD】を御覧下さい。
ここでは補足を少し致します。PLOT製でも社外品でも使い込めば同じ様に劣化してしまうので、交換時期が
やってくるんですね。長年乗り続けていると ショックの状態は徐々に変わって行くので気づき難いはず。
そこで走行距離を目安にして、同型車に乗っている知人等にドライブしてもらうと違いがわかるかもしれません。
一番良い方法としては、ショックを外して確認ですが、4本実行したらビッグイベントになっちゃいますね。

左画像が Dog Fighter ショックアブソーバー8段階減衰力調整機能付 で、中・右画像が RANCHO RS9000X 減衰力調整機能付 との比較です。 DFショックは低圧ガスが封入されているので、新品状態ですとMAXまで伸びます。RANCHO もガスが封入されているのですが、新品状態でも伸びませんからへたりの目安にはなりません。
どちらのショックも状態を確認するには手で伸び縮みの動作をするのです。お疲れ様状態なら軟らかく簡単にできるので、我慢せずに交換しちゃいましょう! 劇的に変わりますよ。

  • before
  • before
  • before

最後にリアバンプラバーの交換です。左画像は装着品とPLOT製の比較です。
装着されていたバンプの方が高さが無いので、ホーシングとのクリアランスを確保する場合は有効です。
PLOT製53mmとちょっと高さがありますが,御覧の通り特殊な形状により,ホーシングと干渉しても変形して衝撃を吸収し“ガツン”とくる突き上げにならないよう工夫がされているのです。これで具合は解消されるでしょう。

足回りの再点検、皆さんも実施してみてはいかがですか?

取り付けパーツリスト


パーツ名商品ページ/備考金額
バンプストップラバー リア 2・4WD用 ウレタン  http://www.plot-net.com/item/toyota/hiace200/reinforcement_part/1024.html ¥10,500
ドッグファイター ショックアブソーバー  2WD用 フロント 右 http://www.plot-net.com/item/toyota/hiace200/reinforcement_part/1013.html ¥15,750
ドッグファイター ショックアブソーバー  2WD用 フロント 左 http://www.plot-net.com/item/toyota/hiace200/reinforcement_part/1013.html ¥15,750
ドッグファイター ショックアブソーバー  2・4WD用 リア×2 http://www.plot-net.com/item/toyota/hiace200/reinforcement_part/1013.html ¥31,500
DF 強化ブレーキパッド エコタイプ http://www.plot-net.com/item/toyota/hiace200/reinforcement_part/1057.html ¥8,400
取り付け 取付時間 約2:30弱 ¥24,150

 *価格は装着時の表示です。価格・仕様等は予告無く変更される場合が御座います。